気軽に楽しめる

会議

オフィスコーヒーであっても、良い香りと風味でホッと一息つけたり、コーヒーでリラックスし、次の仕事への元気の源ともなりますので、できるだけ美味しく飲んでもらいたいものです。 そのためには、自宅でコーヒーを飲む時と同じようにサーバー等は常に綺麗に保つことが必要です。 そして、コーヒーメーカーに沸かしたコーヒーを長時間入れっぱなしにしておくのも風味が落ちますのでやめ、できれば1回に飲み切れる程度の量を沸かすか、コーヒーを飲む人の人数を考えて淹れるのがポイントです。 また、コーヒー豆は適量を守ることも大切です。オフィスコーヒーでたくさんあるからと多めにフィルターに入れても大丈夫と思うかもしれませんが、それが逆に味を落とす原因になってしまいますので注意しましょう。

オフィスコーヒーというのは、大抵の場合 大人数分を一度に沸かして置いてあり、欲しい人がコーヒーメーカーのところにカップを持って行って入れるという感じですが、結局それでは 時間がたったものをカップに入れた場合、煮出したような美味しくないコーヒーを飲まなければならないことにもなります。 ですから、会社のコーヒーというのはマズイものだという印象がある人も多々あるようですが、美味しいコーヒーを淹れるには、まずコーヒーメーカーも綺麗に洗って使うことがポイントです。 つまり、オフィスコーヒーは一度にたくさんのコーヒーを沸かすので大きなマシンを使っていることが多く、そうなれば必然的に洗浄しないか、たまにしか洗浄していないことが多いため、残った古いコーヒーに継ぎ足して沸かしているイメージになりますので、上手に美味しいコーヒーを淹れるにはまずマシンを綺麗にすることがポイントです。